雨漏りの保険を火災保険で適応できるケースは?

雨漏りを火災保険で保険適応させることができるケースがあります。
そのケースは「自然災害」により発生した家屋の損傷。

その自然災害に伴い「雨漏り」が関連して発生した場合は適応になる可能性が高いと言えます。
逆に非保険対応になるケースは「経年劣化」によるもの。

災害が発生してから3年間は請求が可能です。
もしも被害を受けていて保険適応なのか不明な場合は相談できる業者もあるようです。

ご自身で保険会社に請求申請も可能ですし、代行業者に依頼することも可能です。
火災保険で気をつけておきたいのは「未申請」だと一切保険料はおりないという事。

災害発生と災害被害が増えていますが、もしもの時の為に加入している保険ですから適応になるか相談するだけでもいいかもしれませんね。


【火災保険で我が家を修繕!火災保険適応支援サービス】

台風・大雪・地震の物件被害調査プログラム

築5年以上の戸建てを持つ方の「火災保険」の貰いそびれを調査してくれる。一見被害が無いような住宅でも平均100万円の保険料が適応になるようです。
お家のドクター

壊れた家屋を火災保険で無料で修繕!平均で100万円おりる保険料。問い合わせすると、ヒアリング→書類作成→保険料請求→修繕工事まで全部任せる事が可能なサービス。
四季彩ホーム

火災保険で外壁修繕も可能。火災保険は火災だけに有効だと思っている方の為のサービス。実費0で我が家を修繕が可能。
相談しないのは火災保険に加入している場合ちょっと損している気分になっちゃいます。
平均で100万円おりる金額を実費で払うなんて。。。( ゚Д゚)
雨漏りだけでなく、他の箇所も保険適応になりそうですし。

外壁塗装 耐用年数 国税庁

外壁塗装の耐用年数は国税庁に提出する税務処理(確定申告)と関係があります。


過去の記事外壁塗装 耐用年数 国税庁に関する当サイトの記事

税務処理は複雑で確認箇所も多数あります。
優良塗装業者であれば、アドバイスを受けることができるでしょう。

「安かろう・悪かろう」は、リフォーム工事の場合は特に該当する気がします。

外壁塗装 火災保険

昨今、災害被害で火災保険を用いて住宅を修繕できることに注目が集まっています。
結論から先に書きます。

「火災保険で外壁塗装を含む、住宅の修繕は可能な可能性が高いです」 

では、火災保険で適応になるケースを見てみましょう。

 火災落雷破裂・爆発風災水害水漏れ暴行・破壊雹飛来・落下・衝突盗難
住宅火災保険×××××
住宅総合保険

上記の図は、住宅火災保険と住宅総合保険を比較したものです。
火災保険と、総合保険(共に住宅)に加入していたとして、風災で屋根が損傷した場合、2つの保険が補償対象になる可能性があるという事です。

これらの内容は、災害などで損傷を受けた際の内容です。
では、住宅火災保険に加入していたとして、外壁塗装や修繕の適応になるケースを見てみましょう。(詳細は各保険会社と相談)

  • 風で屋根が吹き飛んだ時
  • 台風で瓦がズレた
  • 強風で屋根材が無くなった
  • 豪雨がきっかけに雨漏りをするようになった
  • 竜巻などで屋根が損傷した
  • 雹で屋根が破壊された

直接、外壁の塗装を補償する内容にはつながりませんが(対象が違う為)、火災保険が住宅の損傷に有効な事が分かりました。
但し、いかなる場合にも、適応にならないケースもあるようです。

  • 経年劣化などによる損傷
  • 新築時より雨漏りがしたり、破損していた
  • 太陽光パネル設置をした後から雨漏りが発生した

これらのケースの場合は、火災保険の対象外になる事が多いようです。


詳細は、加入している保険会社に相談することが最も最適です。

外壁塗装 時期

外壁塗装の塗り替えの時期はどれくらいが適正なんでしょう?
一般的には、10年に一度外壁塗装をすると美観も保たれ、劣化を防ぎ建物の価値も保てるといわれています。

折角「新築」した住宅も塗装タイミングを無視して放置するとすぐに劣化してしまうわけですね。

関連記事直ぐにわかる外壁塗装塗り替えのサインとは?

外壁塗装 見積もりのやり方とは?

外壁塗装の見積もりはどのように行えばよいのでしょう?

先祖代々同じ塗装業者に依頼している方もいるでしょうか?
ですが、新築で新しい土地に住み始めた方の場合は、そうもいきません。

外壁塗装や屋根の補修などは需要が全国であるため、検索すればいくつかの業者が見つかるかと思います。
ところが、その業者の評判や信頼性についての情報はなかなか入手できないのが実態です。

スポンサーリンク

というのも、リフォームや修繕は素人では内容の理解が難しくそれを逆手にとって手抜き工事を行ったり、不正な請求をする業者がいるので注意が必要です。
これは悲しい事ですが、私たち自身が被害を防止するほか手段は無いでしょう。

そのような業者は、施工後に会社内容のヒアリングをするような業者紹介サービスには登録を断られてしまう業者でもあります。
たまたま検索で見つけた業者がこの様な悪徳業者である場合は、たまったものではありません。



では、どうすれば悪徳業者を見抜けるか?ですが・・・。
実はかなりの難題で、自分から悪徳ですと名乗って運営している塗装業者は皆無です。

となると、紹介サービスなどが複数の施工例や、これまでの運営を基準を持って審査し、合格した業者の方が推奨業者と言えるかもしれません。
紹介された塗装業者もきちんと施工すれば評価され、悪い施工をすればそれなりの評価をされる事になります。



紹介サービスを利用するメリットは他にもあって、「一括で複数社から見積もり」を取れます。
俗にいう「相見積もり」というものです。

同じ品質の商品がA店では高額だったが、B店では格安だった。
この場合どうしますか?

これが相見積もりをする理由でもあります。
また、業者間で価格競争を発生させ(値引きなど)る目的もあります。
同じクオリティの製品を安く買う方法ですね。



外壁塗装お見積もりは、ネットで「地元の業者だけ」に問い合わせるだけでは少し情報不足と言えるかもしれません。