外壁塗装 火災保険

昨今、災害被害で火災保険を用いて住宅を修繕できることに注目が集まっています。
結論から先に書きます。

「火災保険で外壁塗装を含む、住宅の修繕は可能な可能性が高いです」 

では、火災保険で適応になるケースを見てみましょう。

 火災落雷破裂・爆発風災水害水漏れ暴行・破壊雹飛来・落下・衝突盗難
住宅火災保険×××××
住宅総合保険

上記の図は、住宅火災保険と住宅総合保険を比較したものです。
火災保険と、総合保険(共に住宅)に加入していたとして、風災で屋根が損傷した場合、2つの保険が補償対象になる可能性があるという事です。

これらの内容は、災害などで損傷を受けた際の内容です。
では、住宅火災保険に加入していたとして、外壁塗装や修繕の適応になるケースを見てみましょう。(詳細は各保険会社と相談)

  • 風で屋根が吹き飛んだ時
  • 台風で瓦がズレた
  • 強風で屋根材が無くなった
  • 豪雨がきっかけに雨漏りをするようになった
  • 竜巻などで屋根が損傷した
  • 雹で屋根が破壊された

直接、外壁の塗装を補償する内容にはつながりませんが(対象が違う為)、火災保険が住宅の損傷に有効な事が分かりました。
但し、いかなる場合にも、適応にならないケースもあるようです。

  • 経年劣化などによる損傷
  • 新築時より雨漏りがしたり、破損していた
  • 太陽光パネル設置をした後から雨漏りが発生した

これらのケースの場合は、火災保険の対象外になる事が多いようです。


詳細は、加入している保険会社に相談することが最も最適です。