雨漏りの保険を火災保険で適応できるケースは?

雨漏りを火災保険で保険適応させることができるケースがあります。
そのケースは「自然災害」により発生した家屋の損傷。

その自然災害に伴い「雨漏り」が関連して発生した場合は適応になる可能性が高いと言えます。
逆に非保険対応になるケースは「経年劣化」によるもの。

災害が発生してから3年間は請求が可能です。
もしも被害を受けていて保険適応なのか不明な場合は相談できる業者もあるようです。

ご自身で保険会社に請求申請も可能ですし、代行業者に依頼することも可能です。
火災保険で気をつけておきたいのは「未申請」だと一切保険料はおりないという事。

災害発生と災害被害が増えていますが、もしもの時の為に加入している保険ですから適応になるか相談するだけでもいいかもしれませんね。


【火災保険で我が家を修繕!火災保険適応支援サービス】

台風・大雪・地震の物件被害調査プログラム

築5年以上の戸建てを持つ方の「火災保険」の貰いそびれを調査してくれる。一見被害が無いような住宅でも平均100万円の保険料が適応になるようです。
お家のドクター

壊れた家屋を火災保険で無料で修繕!平均で100万円おりる保険料。問い合わせすると、ヒアリング→書類作成→保険料請求→修繕工事まで全部任せる事が可能なサービス。
四季彩ホーム

火災保険で外壁修繕も可能。火災保険は火災だけに有効だと思っている方の為のサービス。実費0で我が家を修繕が可能。
相談しないのは火災保険に加入している場合ちょっと損している気分になっちゃいます。
平均で100万円おりる金額を実費で払うなんて。。。( ゚Д゚)
雨漏りだけでなく、他の箇所も保険適応になりそうですし。