外壁塗装 耐用年数 国税庁

外壁塗装の耐用年数は国税庁に提出する税務処理(確定申告)と関係があります。 過去の記事外壁塗装 耐用年数 国税庁に関する当サイトの記事 税務処理は複雑で確認箇所も多数あります。優良塗装業者であれば、アドバイスを受けることができるでしょう。 「安かろう・悪かろう」は、リフォーム工事の場合は特に該当する気がします。 にほんブログ村メンテナンスランキング

続きを読む

外壁塗装 耐用年数 減価償却

減価償却に関係する耐用年数。外壁塗装や修繕をする際には、重要な内容になります。 関連外壁塗装 耐用年数 塗装の種類や目的でも、内容が変わってきます。例えば、「基本的支出」なのか?「修繕費」なのかなど。 これは申告時や、今後の経費の計上においても大変重要な内容です。(スポンサーリンク)

続きを読む

耐用年数 国税庁 修繕

外壁修繕費などを含む費用は、耐用年数があるので経費として申告ができる場合があります。 参考:外壁塗装 耐用年数 国税庁 基本的支出修繕費の何れかにあたるのですが(外壁塗装など)、その場合の判断には細かく分類されている内容を把握するか、税法に詳しい人に相談すると良いでしょう。 ↑ 全国対応の税理士紹介サービスを利用するという手もあります。

続きを読む

外壁塗装 耐用年数 国税庁

外壁塗装の費用は、「基本的支出」か「修繕費」のどちらかに該当するという記事を過去に書きました。 外壁塗装 耐用年数国税庁 上記にもあるのですが、修繕費は外壁塗装にかかった費用の全てを経費として計上できるので、大きな節税ができるでしょう。逆に、基本的支出の場合は、固定資産の価値を向上させるための外壁塗装であると判断された場合に適応されます。 基本的支出となった場合、原価償却の方法になりますの…

続きを読む

外壁塗装 耐用年数国税庁

法人所有や賃貸住宅、商用施設の建物の、外壁塗装を行い確定申告する際には、修繕工事の内容や目的によって、税務処理が変わってきます。 その基準には簡単に分類すると、2種類あります。修繕費(定期メンテナンスや元どおりの性能に修復・工事費が高額でない)資本的支出(外壁塗装や工事で、以前より耐久性が上がったり、工事が高額な場合) 修繕費として処理された場合、その年に全額が申告でき、税金が免除され処理も…

続きを読む